今週はピアノブラックの純正ミラーがステキなシルバーストーンメタリックのS2000が修理で入庫しました。

リアから異音が最近大きくなってきたというお話で先ずは近所を試乗してみると確かに速度に正比例して金属音がリアから鳴り響いています、

しかしこれは音と言うレベルを超えた立派な「振動」ですね~。



クルマをリフト上でチェックするとホイールが緩んでいるかと思うくらいのガタつきがありました。

ハブとベアリングの磨耗によるガタです! マ、いわゆる超定番な修理です。

キャリパーやドライブシャフト、ローターなどを外して

ハブ単体での修理前「動画」はこちら

                  




それもそのはずリアハブとハブベアリングの磨耗は想像以上に進行していて表面がザクザクに抉れています。

標準よりも≒1mm程度細く痩せてました。

ハブの寿命は熱と衝撃で極端に差が出ます、大キャンバーでサーキットの縁石超え+大径ハイグリップタイヤだと超~短くなります。

朝の冷間時はしないケド、、走ると徐々に音が出るのは温度変化でクリアランスが変化するから、、

日頃から走行擦過音や左右のステアフィールの差をメンテナンスの目安にして下さい~、

今回は4輪のハブとベアリングをセットで交換することになりました。



ナックルはワイヤーブラシで各部の錆を落として、超真剣なメカの顔がチョット怖いな~(笑)



ABSセンサーの取り付け部もよく固着するのでリューターで綺麗に錆を落として仕上げます。



再び組み上げるとジャ~ン! 少し残念な状態で入庫したハブ、ナックルがピカピカの新品同様デス。

塗材はアルミペースト入りで防錆処理もこれでOK、う~ん10万km先まで大丈夫でしょう。



作業完了後は当然ですが異音も無くなりタイヤの回転もウルトラスムーズ~~にまわるようになりました。

今回の作業の総額は税込み¥202,284.- 3日間のお預かりです。


作業のご依頼ありがとうございました、タイプワンの点検は無料 


お客様に最善のメンテナンスをご提案させて頂きます。


 


posted by 佐藤