今週のブログは丸眼がキュートなDC2インテグラSi-vtecのレポートです。走行距離は何とまだ8万km、ボディは凄ピカ、室内もオリジナル、大切に乗られて来たのが良~く判ります。実車を点検するとシフトが渋くて「入れ抜け」ともに難く、クラッチペダルも重い、オーナー様と相談して先ずはミッションOHがメインで作業のご依頼を頂きました。



降ろしたミッションASSYのクラッチハウジング内は8万km相応の汚れ具合はありますが程度良しです。しかし赤→レリーズベアリングとクラッチカバー接触部に磨滅で当たり幅が広がっていました。クラッチ廻り、レリーズはちょうど交換のタイミングでしたね。



エンジンルームのバルクヘッドに固定されているフューエルフィルター赤○もASSY交換します。過去に交換履歴がないので新車から25年が経過、交換時に旧フィルターからは黒錆の汚れがドバッと出てきました。



ミッションを分解してみるとケース底部に沈殿したオリが真っ黒状態です。エンジンオイルの2回に1回の目安でミッションオイルも交換しましょうね



各ギアを分解→洗浄、点検すると、、、



劣化したオイルでは油膜の保持が出来ず、極圧性の低下から磨耗が進行し磨滅が大です。  



ギアやハブ、カラーはモデル統合で微妙な差があるので部品番号を基に実パーツを計測して確認します。今回はシフト系の磨耗が大きいのでフォークも全て新品交換させて頂きました。



作業後の試乗で作動を確認、クラッチ、シフトのフィールとも良し、具体的には1速3速の前側と2速4速の手前側でノブのストローク量が同じ、各ギアにエンゲージする荷重も抜くフィールも同じ、シフトゲートが明確でシンクロも正確に存在しています。今回の作業は総額で41万円(税込)、作業期間は4日間、作業のご依頼ありがとうございました。


これからHonda車をリフレッシュしたい、そんなオーナー様はタイプワンの無料点検をご利用下さい。メール又はお電話でお気軽にお問い合わせお待ちしております!


posted by 佐藤