今週のタイプワンはエディックス赤→が入庫、そのリビルト作業をレポートしちゃいます。



点検と試乗で聞こえた異音の原因を探します、ゴンゴン、ゴトゴト、キコキコとまるで音のデパート状態でした。



先ずゴンゴン音はエンジンマウントが破断して出てました、これは距離と経年によるゴムの劣化でよくある症状ですね。



ゴトゴトはアーム類のブッシュ切れから聞こえていました、キコキコ音はどうもスタビのリンクが原因、大丈夫です、これは部品を交換すれば治ります。



駆動系はハブ、ドライブシャフトを、操舵系はタイロッドエンド、ロッドエンド、ギアBOXマウントをメインにしっかりと点検します。



ドライブシャフト、キャリパー、ステアリングギアBOXには特段の問題はありませんでした。コンデションは相当に良い状態です。



今回の作業で交換した部品群をパチリ、オーナー様の10年先まで、走行距離は更に10万km+したい、今の問題の「異音や振動」はマウントやブッシュ、リンクなどの交換でスッキリとした状態に戻せます。



サスペンションASSYは部品の設定がないのでアッパーマウントとスプリングなどバラバラの部品をキッチリと組み上げて装着します。



アームやハブなどが何もない状態のリアホイルアーチ内部、ボデイの下面は錆やシーラーの劣化がありません、全体が防錆され非常に良い状態を維持しています。



ハブの後方にレイアウトされたているのはサイドブレーキ用のシュー赤→​



リアのシューはローターハット赤→をドラム替りに使います。タイプワンではちょっと珍しいレイアウトに皆でフィーバ~(笑)さて今回の様にサスアーム、ブッシュ類を交換したら「試乗後アライメント」です。理由は各部を馴染ませたいから、アライメント調整は試乗後に行います。今回のエデックスのリビルトの部品と工賃の総合計額は¥496,000(税込)、お預かり期間は3日間でした。

タイプワンはHondaのSUVもお任せ下さい、キッチリと作業させて頂きます。


posted by 佐藤