いよいよ今年も残り数日ですね、そんな師走のタイプワンにEF8型CR-Xが入庫しました。平成2年型ですから四半世紀前のクルマですが走行距離は88000km、試乗するとクルマ全体が活き活きとしていて驚くほど程度の良い、コンデション抜群の個体でした。ここまで現状で程度が良いと無闇に手を入れず「必要な個所」に絞ってメンテナンスする事を私達はお奨めしちゃおうと



試乗後にエンジンを冷やしてからバルブクリアランス調整とオイル漏れ修理のためにヘッドカバーを外すと、やっぱり内部がキレイです、でも赤→部にスラッジが溜まっていました~。タイミングベルトやテンショナー、ウオーターポンプなども点検、素晴らしい、まったく問題ありません。



クリアランス調整後はシャワーパイプ、カム廻りを点検、カム、ロッカー周りは傷もなく此処も問題はナシ、清掃して馴染みオイルを塗布して、オイル漏れしていたパッキンを新品に交換、ヘッド内部がスッキリしました。



次はブロック下部のオイル漏れ修理です。指指し部のミッションケース外側はヘッドカバーからのオイルリークですね、オイルパン赤○部のオイル漏れはシール交換で修理、でもクランク後端のシールからのオイル漏れはありませんでした。



エキマニを外してオイルパンを取るとゴムパッキン赤→が見えます、パッキンは経年で樹脂化して固くなりパキパキな状態でした。経年と熱でゴムの柔軟性が低下しちゃってます、青→のオイルストレーナー部の吸い口は変形なし、ストレーナーとバッフルプレートは洗浄してクラックの有無も点検しました。



テンションロッドのブッシュ赤→やドライブシャフト、ハブ、タイロッドなど駆動系の全体を点検、リヤトレーリングアームブッシュ青→交換、これら必要な部分だけに集中して加修を施します。



奥のFD2はタぺクリの調整中、クリスマスデートに使うそうで、、大丈夫ですよ~今日中に仕上げます、お任せください。皆様も今週末はご家族お友達と楽しいクリスマス休暇をお過ごし下さ~い。


Happy Holidays !! 

 


posted by 佐藤