今年のSPOON Collection 2020のテーマである「SPOONの“これまで、これから”」を新旧のシビックを使い表現しました。
これからクルマを取り巻く環境が大激変するであろう中で私達が存在する理由も問い直してみます。



1月10日と13日の2日間、タイプワン内で展示したのは1980年代のワンダーシビックから現行のFKシビックまで、世界のファンが愛してやまないシビック達です。
私達はそんなお客様の声に応える為に部品の再生産を計画しました。SPOONは最新の工法とエンジニアリングで機能部品を再構築します。



ワンダーシビックに搭載されていたZC型はシビック初のDOHCエンジン!
このエンジンがスポーツシビックのスタートで後にVテックのベースになりました、つまりB型のマザーエンジンですね。



こちらのEG6シビックは「BUILT BY LEGENDS SPOON EG6 CIVIC」企画のプロト車両です。

BBL の詳細はこちらをご覧ください。





限定Tシャツなどグッズをお土産にお買い求め頂きました。

ありがとうございます。



それぞれ記念の撮影会ですかね(笑)

サイン会も盛況でした~🐓



奥はEG6のレーシングカー、このB16A型エンジンをベースにシリンダー高を伸ばし連稈比(conrod stroke ratio)を変えたのがDC2TYPE-R、B18C型エンジンです。
つまりB型シリーズは全て同じボアピッチだからクランクとコンロッドを換えるだけで排気量UPが出来たんですね。



こちらのグループは幕張のオートサロンの帰りでしょうか、チャーターバスでお立ち寄り頂きました。



タイプワンの1階には歴代のレーシングカーを展示、一番奥はEK9の耐久仕様です。スプーンは当時のレースカーを保管しています。



皆さん笑顔がとてもステキですね!



今回も大勢のお客さまに来て頂きました~、、英語でマジ~とか、リアルガチ~とか盛り上がってます。



ピーク時は写真も撮れないぐらい、ご来訪ありがとうございます。











See you again,
 Feel the dream and racing.
 We are waiting for a new start

また来年、さようなら~~