Hondaの誇り、NA1型 TYPE-R、その納車前整備をレポートします。


IMG_2330


今回はエアコンを新品ASSYで揃えて装着しました、NA1型のTYPE-Rは基本「エアコンなし]モデル、


ユーザーもメーカーも熱い時代だったんですね、だからこんなピュアなクルマを造り出せたんでしょうね。


真のスポーツカーはHondaが見せてやる、最初から快適装備の商品企画はナシ、真のスポ―ツカ―とは何だ、、


Hondaも潔いですな~。


RIMG1628


エアコンを装着するには車体側のハーネスも交換、それでバッテリーの状態だけでなく電装系を全てチェックしました。


暗電流の量も測定、エアコン装備するにはハーネスを交換、つまりレスが基本なら数100g程度が軽量化できる、


こんなクルマをカタログモデルで造ったHonda、青春とは何だ~デス(笑)、、


でも商品マーケ関係の方は「ドキ」なのでは、、、


RIMG1583


点検中に赤〇印の奥に設置された室内温度センサーの初期異常を検知、、センサーASSYを部品で交換しました。


RIMG1611


フロント部はブレーキ液、冷却液の交換、ヒーターコアのエア抜き作業を実施、


サスアームなどのアルミ材には防錆処理を施して、作業後に下面を撮影しました。


IMG_3556


リアのエンジン部分を下から撮影しました、オイル、エレメントの交換、今回は念の為にタペクリを調整、


タイミングベルト類も12年2月に交換済み、もちろんオイル漏れや滲みはありません。


RIMG1618


エンジンとフレーム番号が真正の「TYPEーR」か?、はドアを開けたらプレートがあります、


指差している部分がこのクルマが152台目のTYPEーRで在る事を証明しています、


実はRの文字は浮文字で、152はHondaの「専用指定」文字で打刻、ちなみに補修部品はこの窓部が


ブランクで無地です。なおエンジンNoは156番・・このようなhistoryのあるクルマは「ココが重要」なポイントですね。


RIMG1610


フロントローターは浅間技研製、キャリパーは日信、ホイルはエンケイ、全てTYPE-R系の純正品メーカーです。

IMG_2440


Honda純正TYPE-Rのステアリング、ホーンボタンもボスもTYPE-Rの純正品です。


IMG_2364


純正TYPE-Rのシートはレカロ製、2005年製造の最終ロット製造品、


1脚の価格は何と¥90万円也、え~本当~に~!!


P1010291

指差し部分がHondaのNSX-R専用品である証、何と専用のシートモールドで製造、シートは1脚ずつ


何と1g単位で検査を施し、左右を揃えて完成車に組み付けていました。


NSX-Rのオーナ様も知らない、こんな鬼気迫るクルマ造り、狂気と執念の証左がシート裏側にもやどり、、


神は細部に宿り、、!


IMG_3578


シートがこんなですからエンジンはドンナ??、、高回転はこの世のものではありません、


嵐の中で叫んでいるような、高周波音が凄すぎ (笑)、 マ、筆舌に尽くし難しと、


言う事で、そんなこんなで試乗を行い、さて最終の段階、アライメントの調整を行います。


IMG_2399


このTYPE-Rは6年前に私達が香0の華0の銀行オーナー様に販売、昨年の夏にSPOONに戻ってきた、


いわば帰国子女、今回また嫁いで行くのですね、なんとなく寂しいナ~。


 


Posted by吉澤