P1050821のコピー


新車から12年、16万Kmを走行したCL1アコードのエンジンをオーバーホールさせて頂きました。

お客さまからはオイル消費が多いのでその改善がメインのリクエストです。

でもそこは新車以上のフィーリングを追求してきたタイプワン、

こんな風に各部を作業してます的なレポートです。

赤→はインマニの組付け部の拡大写真ですが黄色のスタッドボルト上方に隙間が、、

つまりヘッドに対して下方向にインマニが組まれてるんですね、通常は。

P1050734のコピー


インマニを分解して点検するとやはり青→の様にスラッジが堆積、これはポートの段付き痕ですね、

本来はスムーズな吸気ポートに存在する段差、吸気抵抗を生じさせている証拠です。

何気に組まない、最適で最良を目指す、インマニだけでなくエキマニもエンジン全体、

ミッションなど含めてクルマ全体で無駄のないバランスをスタッフ一同が日頃より心がけています、

いわゆるこれがSPOON流、タイプワン的チューンの本質です。


P1050793


さて旧エンジンから取り外したインマニはバリを取り、内部まで完全に洗浄してから再使用します。


P1050824


新エンジンに組み付けて、、


  P1050822


こんな風にヘッドポートの「ど真ん中」狙いで、、つまりはリジカラ的な発想ですね。


P1050870


交換したエンジン、ミッションマウント類、、

ASSYで¥29,652円


P1050882

交換したクラッチ系、、

ASSYで¥28,651円


  P1050846


OHしたエンジンComp、¥594,000円、


   P1050911


慎重に車体に積み込みます。


P1050943


赤〇部のインテークチューブに亀裂が、、、


P1050940


もう少しでチューブクランプ部でパックリと2ツに割れる処でした、組み付け中に発見、フゥ~。


P1050962


ヒーターコアにも通水して水温を上げて各部を点検、

HDSでアイドル回転など校正点検して点火時期も調整、これらは試乗前のチェック作業です。


P1050976


オイルまみれのマフラー出口もキレイに洗浄しました~。


IMGP1993


引渡し前に約150km程度、各部の慣らしを兼ねて試乗を行います。

これもタイプワン的な作業フローなんですね。

この作業パーツ代が1,017,022円、工賃が126,206円、作業の総額1,143,228円でした。

ご遠方よりご依頼ありがとうございます。

 


 


Posted by 吉澤