今週タイプワンに入庫したのはGD3型フィット、新車から10年で距離は55万km超え!

そんなフィットの整備レポートです。



新車からのオーナー様より主なリクエストはミッションOHと駆動系がメインです。

作業前に試乗するとシフトが少し渋かな~程度で現状で問題は感じません、と言う位のコンデションの良さなんです。

とても55万km走行した個体とは信じられません(驚)



ミッションOHでギアBOXを開けると歯面がピカピカ、リングギア、カウンターシャフトは再使用が可能な程でした。

メカ一同が集まりビックリ、有りえな~い(笑)



流石にシンクロのハブ、スリーブには赤→の抉れ、摩耗があるので新品に交換しました。


 


メインシャフトのベアリング勘合部は0.012mm程度が磨滅減していました。

メイン1,2ギアも荒れていたのでメインシャフトはASSY交換です。



フロントロアアーム左右、サブフレームASSY、リアビームCompはサビ、傷があるので交換となりました。

偶然ですが左に写るシビックも栃木Noです、何だか重なるんですよね!



交換時にリジカラを装着、クルマの体幹に効くチューンの定番ですね。


キャリパーはボディは再使用が可能なのでピストン、シールだけ交換のOH、ローター、パッドは新品に交換しました。



バルブクリアランスは全体的に広め~動弁系はカムもロッカーも新品よりキレイなくらい、、

ホント、クルマのコンデションは愛情次第ですね、決して距離ではありません。

この程度なら100万km超えでも大丈夫、キッパリ



ヘッドカバーの内側も凄い、このままお弁当箱に使えるくらいキレイです、清涼さえ感じちゃいます。



ドライブシャフトはブーツとバンドの劣化だけで動きは問題がなさそう、、

でもお客様のご要望で新品にASSY交換となりました。


 


作業も終盤、最終段階の完成前「試乗」です。


走らせる理由は車体各部をナジませたいから、走らせる事でアライメント値が安定して正確に測定が出来るんです。



試乗後にアライメントを精密に調整して完成です。


作業のご依頼ありがとうございました。


 


posted by 佐藤