DSC06695


エンジンのオーバーホール過程でインマニやデスビは再使用します。

しかし、B型エンジンのデスビは突然死する「鬼門のパーツ」だゼ~、、

てオーナーの間では言われてるらしいケド、でも壊れる「予兆や前兆」はあるんですよ。

それはアイドル回転でデスビボデーのアルミ本体部を聴診すると判ります。

聴診器がなければ長いドライバーで、問題がないデスビは「サ~サ~」と綺麗な音ですが

チョッと駄目なデスビは「ゴロゴロ音」、さらに劣化が進み最終段階だと「ガリガリ」音に、少しずつ音が大きく進むんですね。

年1回くらいお友達の同型車と聞き比べするとか、ミンナで愛車のそんなハートビートを聞いちゃいましょ~う。


DSC06701


インマニの内側は大体こんな状態が多いですね、

この黒い汚れは高回転でのブローバイの吹き返しです。

オイル消費量からもコレ位の汚れだとエンジンはほぼオーバーホール時期だと言えるでしょう。

スロットルバタフライ裏側も超~ベトベト、嫌だ~不潔て感じ (笑)


DSC06748


エキゾーストポートの内壁にはインマニから吸ったブローバイオイルが燃えた残骸が

ポートに堆積して、ポート径が狭くなっています。

NAのインテークは流速が遅く、対してエキゾーストは高温で速い、、

でもいくら流速が速くてもね、これじゃ~一寸ね。


DSC06737


赤〇はタイミングベルトカバー裏にあるウォーターポンプからの冷却水漏れの跡、

これは夏はモチロン冬でもヤバイぜ、これ以外のラジエターやヒーターコア、ホース類、サーモルームなども

「良~く点検」しないと、、

どれどれお兄さんに奥の方まで見せてごらんなさい、、ハイハイ、恥ずかしがらないで、、なんて言いながら作業してます(汗)


DSC06709


完成したOH済みのエンジンComp、奥の黒ヘッドカバーは名機B16Aエンジン、

これから梱包して鹿児島に送ります。

届いたら降ろしたエンジンはお友達に譲るそうです、いいな~友達、青春だな~、

でもね、ボクも20年前はEGフェリオで「箱根の虎」と呼ばれてました、え、聞いてない、、失礼いたしました~。


DSC06726のコピ


オイル漏れ(滲み)が多いB型のスプールバルブ 赤→部のオイルストーンで軽く磨いて面出し処理を施して、

青〇部はバフで磨いてバルブ壁面の縦傷を取り去り鏡面化、シリンダー内をバルブがスムーズに動くようにしてます。


IMGP2840


冷却系の電子部品のサーモスタット、サーモスイッチはASSYで交換、

THERMO STAT  THERMO SWITCH


DSC06760


完成したOH済みのトランスミッションASSY、

TRANSMISSION OVERHAUL


DSC06763


Kitで交換するクラッチ系の部品群、予算に合わせてチョイ酢して下さいね。

FLY WHEEL   CLUTCH COVER   CLUTCH DISK[NON-ASB.]  RELEASE BEARING  CLUTCH SLAVE HOSE


IMGP9691のコピーのコピー


クラッチマスターから液漏れ、青→部のペダルストッパーが破断、これ結構なゴトゴト音が鳴り響き、、

ご自分のクルマだと「え~水曜だけど何か?」的に聞き流してしまいがちですが、、


DSC06852のコピー


赤→部がペダルストッパー、ここね、

ペダルを奥まで踏むとゴトンて音が、、これ作業前の試乗で「何か妙だな~」で判りました。

よ~く聞くと判る自分のクルマの状態!!

朝冷えたエンジンを初爆させた瞬間に「ゴンゴン音」なんかしたら要注意です。

 エンジンが掛かり音が消えても最初の「ゴンゴン」は終焉まじかのエンジンからのお知らせコール、

映画で言うとエンドロール状態なので、それは良く聞き取り判断しましょうね、、②に続く


 


 


Posted by 吉澤