今週のタイプワンにはホンダSUVコンビで入庫、黒いRDXはアキュラブランド、白のCR-Vは国内向けモデルです。



CR-Vは平成17年式のRD7型、走行距離が49000km、作業はリジカラ取付と各種メンテナンスで標準の17インチリムをSW388の18インチに交換、タイヤはBSレグノGR2をチョイス、超軽量鍛造リム+最新のスペックタイヤの組み合わせですね。

SW388 18″8.5J +45 5H114.3




最新のリジカラ適合表を添付しました、現在は950車種オーバーです。

勿論RD7型CR-Vもホンダ車の中にUPされています。

適合表



RD7は純正エアクリーナーがDC5インテRと共通互換があるのでスプーン製エアクリに交換いたしました。


AIR CLEANER



新車から初めてのタぺクリ調整、やはりクリアランスは全体的に広め傾向でした。ヘッド内のカムフェース、ロッカーの各摺動面もこらなら非常に良い状態ですね。



ヘッドカバーの内側も素晴らしいコンデションでした。

ここがキレイなのはキチンとオイル交換をして来た個体の証です、オイル管理の良し悪しでこんなに差が、、

   ↓

https://www.typeone.jp/?p=7802



エンジンルーム内の此処にあるタンクはパワステオイルを全量交換するので一度全部を取り外して洗浄、装着後に新油を補充、十分エア抜きして作動を確認します。



リアデフオイルを交換、抜いた廃油は量も臭いも正常で金属粉もなくて全く問題なしでした。



作業後は試乗します、この試乗で各部を馴染ませます、その後でアライメント調整ですね、作業後に即アライメントではなく、タイプワンでは「まず走らせて」からの測定、調整しています。


 


こちらは2007年型のアキュラRDX、米国ホンダ製の左ハンドル車ですね、作業はリジカラとFlashProのインストールです。



K23型エンジン搭載のRDXモデル用FlashProを使いブースト圧UPでモアパワーと気持ち良いレスポンスが得られます。


価格¥90,000円


posted by 佐藤