今週は入庫したS2000のハブベアリングを中心にレポさせて頂きます。

赤白とも駆動系に問題がありました。

.

.

赤は前後ハブベアリングの交換だけでは終わらず、フロントナックルASSY・ロッドエンドやタイロッドの交換も必要でした。

.

.

白Sはリア側から異音が出ていました。

走り始めの冷間時はゴ~、温まるとゴォ~オ~て感じに熱の入りで音が変化します。

これ、ハブベアリングで良くある症状です。 

.

.

外したリアハブの指差し部を拡大して観察すると…

.

.

ハブの勘合部は1mm程ボコボコに摩耗していました。

クルマのメンテの最重要ポイントはスムーズ&タフネス、高性能タイヤやハイチューンエンジンはクルマ全体のコンディションを整える事で初めて発揮されるのです。

.

.

フロント側のナックルを取り出し単体にして点検、ハブ・ベアリング共に問題無し。フロント側のコンディションは総じて良好でした。

.

.

満面の笑顔のオーナー様と作業を担当したメカで記念撮影!

.

.

こちらの個体はエンジン交換になりました。理由はオイル交換時に廃油の受け皿から金属片を発見!

.

.

ヘッドカバーを外し点検すると…赤〇部のアイドルギヤに欠けがありました。

.

.

赤矢印が欠損部です。

.

.

エンジンを降ろした空のエンジンルームを清掃・防錆処理を施します。

エンジン搭載状態では手が入らない箇所って結構多いんですよ~!!

.

.

エンジンを搭載時にはマウント類のボルト穴のガタを見越して、車体に対して平行直角に積む。プラスのこのひと手間がスムーズな回転フィールを創り出します。

.

.

こんな風に同じ車種でも必要な整備箇所は様々です。

私達は距離では測れないコンディションを見極め、最適な整備アドバイスをご提案させて頂きます。

お客様目線で必要な部品だけの交換する、そんな整備メンテを心がけています。

 

皆さまご来店ありがとうございました。