「最近クラッチのペダルフィールがすごく悪く、乗りづらい」と点検相談で11万キロ走行のS2000がご来店です。

今回の症状は、ペダル全域での動きが渋く、ミートポイント付近での引っ掛かりがありました。

ミッション内部の程度は良好で、聴診も問題なさそうです。
想定される不具合を説明の上、クラッチ廻りをリフレッシュする内容で決定しました。

.

ミッションを降ろして、クラッチ廻りを実際に点検していきます。

.

この車両は8万キロの時に、クラッチ一式を交換しています。
ダストの量は問題ないですが、メインシャフトを囲うレリーズベアリングガイドに錆跡が見られます。

この赤錆の原因は、グリス切れです。

.

S2000のクラッチはプル式が採用されている為、組み合わせると左側がエンジン側で右側がミッション側の位置関係になります。
クラッチペダルを踏むことで、レリーズフォークによりベアリングが動かされて、赤矢印の様に動きクラッチを「切る/繋げる」動作が行われています。

.

外したレリーズベアリングとベアリングガイドを拡大してみると、赤丸部矢印部に金属同士が齧った痕跡がありました。
青矢印部分はベアリングのインナーレースにある空間で、グリスをため込んでおく為の場所です。

.

今回はお客様の希望にて、ワイディングを愉しく走りたいとSPOON製を使用して一式新品交換しました。
CLUTCH COVER
CLUTCH DISK[NON-ASB.]

クラッチ交換時には、赤矢印部のディスクのスプライン部、レリーズフォークホルダ、レリーズフォークの摺動部、ベアリング内部、ベアリングガイドにはしっかりとモリブデングリスを適量を塗り組み付けを行います。

.

ベアリングにはグリスをしっかりと塗り込み、ベアリングガイドと組み合わせて慣らし、余剰分は拭き取りましょう。

クラッチ交換と聞くとディスクやプレッシャープレートのみ変えてしまいがちですが、付随する消耗品も同時に交換してスムーズなクラッチフィールを取り戻しましょう。

ディスク以外の消耗品は、合計¥29,018-(税込)です。

.

リフト上での動作確認を終え、タイヤに荷重をかけた実走確認を行い作業終了です。

踏力も適正に戻り快適になったS2000で楽しいカーライフを過ごして下さいね。

総額¥180,488-(税込)でした。

ご依頼ありがとうございました。

 

最後にイベント告知です。

7月2日(土)~3日(日)でリジカラ×SPOONSPORTSフェアを開催致します。
N-ONE.FL1型シビックの展示を予定しておりますので、お時間のある方は是非遊びに来てください。

スーパーオートバックス 富山南 リジカラ×SPOONSPORTSフェア