P1020217


3月20日そぼ降る雨の筑波でNSXの取材がありました、事前にタイプワンでメンテナンスを

施してアライメントも雨セットに合わせ込んで、あとはドライバーさんに託すのみ。


P1080573


サーキットに搬入した時までは元気に普通に動いていたエンジンが

ウォームアップのアイドル中に「パスッ」とエンジンストール、

その後エンジンは復調する事はありませんでした。

タイプワンへの帰路、意気消沈しながらも原因追及のフローをシミュレート、

とにかく気持ちを切り替えよう!て高校野球みたい(笑)


P1080568


先ずは、バッテリーの電圧チェックです。

メーターの表示電圧は問題なし。

そして実際の端子電圧をテスターで測りメーターとの誤差をチェックしましたが

端子電圧、メーターの差はありません。

電圧も十分あるので電源供給系は問題なし。


P1080532


次は、燃料系のチェック。

燃料ポンプの作動音、吐出量、吐出圧(燃圧)、リーターンの配管と流量をチェック、

ここも、特段の異常なし、


P1080541


インジェクターの波形を見るためにオシロをつないで、、

う~ん、波形もキレイだし、、

燃料供給系は大丈夫なようです。

そうなると、点火系が怪しい、となり、、


P1080555


イグナイターの目視点検。

コネクターのゆるみ、ガタは無し。

でも、外見だけでは判りません。

なんてったって、電気は目に見えませんからね(泣)


P1080554


点火コイルの波形をチェックしましょう。


P1080547


これは?波形が「トアエーモワ」してるやん、

正常時はこんな「モワモワ」じゃありません、

どうやら原因は点火系のようです。


P1080564

コイルの抵抗値を計測し比較するとやや低めの数値が、

更に細部まで見てみると、、


コイル


赤○部は熱でケースがひずみこんなに隙間が出来てるじゃないですか!

しかも、ケースにクラックが、、

これでは防水機能が低下し、いつエンジンが止まってもおかしくない状態。

エンジンの熱と振動でこうなっちゃうんですね、トホホ。


P1080569


コイルとイグナイターをセットで交換すると、

NSXは何事もなかったように即座にエンジンが始動、目覚めましました。


今、思い返すとトラブルフローとシュートは

1、雨の中、リヤハッチを閉めたままエンジンをアイドリングで暖気

2、軽量化の為エンジンルームの排気ファンが無い事からエンジンルーム内の温度が上昇。

3、コイル、イグナイターが熱により破損。

という流れが予想されます。


レーシングカーは色々なトラブルが起きますが

熱害による破損は蓄積された総熱量で決まるので、

レースカーで壊れる部位はストリートカーでもいずれは壊れます。


そんな悔しい経験と情報の積み重ねがその後の良い作業に

つなげる、そんな貴重な体験レポでした。


 


Posted by 城本