今週はFK8シビックタイプRの ECUチューニングをレポートします。

タイプワンでのお取り付けは千葉からお越しのお客様が第一号となりました。ありがとうございます。

先週ご紹介したFK7ハッチバックとECUが違い、FK8タイプRはFlashProのみでのデータ書き換えが出来ませんので注意が必要です。

[Hondata] FlashPro Civic Type R FK8 2017+ ¥90,000(税抜)



タイプRの場合はまずエンジンルームの赤〇に装着されていますECU本体を取り外します。



このECUはBOSCH製で特別なロックがかかっているため初回書き換え時はロック解除(jailbreak)が必要となります。

[Hondata] Jailbreak Civic Type R FK8 2017+ ¥25,000(税抜)



jailbreakはECUを加工する精密作業ですのでHondataアメリカ本社で講習を受けた専任スタッフが行っています。



内部基盤に専用機器を接続しロックを解除していきます。作業は約30分程で完了です。



車両にECUを戻し、取扱説明書に沿ってFlashProの登録を行うとチューニングデータを書き込むことが出来ます。

書き換えにはノートパソコン(OS:windows)とネット接続環境が必要です。

FlashProを使用できる車両は登録された1台に限定されますのでご注意ください。(他の車両で使用する場合は純正データに戻し登録解除が必要)

取扱説明書(FK8)のダウンロードはこちら→https://www.spoonsports.jp/blog/wp-content/uploads/2018/07/c16aa1d7433afa64ee250cf5bc95b8dc.pdf



FK8では現在こちらのデータリストの中から車両の仕様にあわせてベースデータを選んで書き込みすることができます。

Civic Type R FK8 JDM 2017,93octane  をインストール時は、最大パワー約20hp増、最大トルク約20N.m増が可能となっています。

サーキット走行などスピードリミッター解除が必要な場合は説明書記載の手順で設定して下さい。



さらにFlashProにはデータロガー機能がついています。

説明書でご紹介しているようにパソコン上での記録も出来ますが、FlashPro本体のみでも可能です。

矢印のDatalogボタンを押してログ記録を開始します。ボタンを押すと、黄色いランプが1秒毎に点滅します。もう一度押すとログ記録が停止します。

パソコンでログデータを確認すれば自分の走行を分析できますね。



タイプワンでの初回作業工賃は¥8,000(税抜)、今後アップデートされるデータの書き換え時は¥4,000(税抜)で作業致します。お気軽にお問い合わせ下さい。


今週末開催の「リジカラ×SPOON SPORTSフェアin SA246江田」ではECUチューニングしたFK7、FK8のデモカーの試乗ができます!

新開発のSPOONパーツが搭載されたデモカーをぜひ間近で観て、乗って体感してください。

フェア情報→リジカラ×SPOONSPORTSフェア SA246江田のお知らせ


posted by 佐藤