S660の開発状況、

S660の開発状況、

開発中のS660、その途中経過を報告します。 S660は従来のHonda車とは別性格の操縦特性が特徴、 ジオメトリー特性も違い「リアのスタビリティ」が各段に向上しています。 とにかく神経質な動きがなく終始車体が安定しているので綺麗にドライビングができる、 実はこれが大事でスポーツカーだからと「乗りこなす感」を演出していない処が凄いですね。 袖ヶ浦フォレストレースウェイでのテスト、気温35℃、路面温 […]
2台のS2をリフレッシュ!

2台のS2をリフレッシュ!

こちらのS2000は初期型走行12万キロ、アーム、リヤサブフレーム、ハブ、ドラシャ交換、 デフオーバーホール、つまり足廻系統の総リフレッシュ作業です。   分解時にボルトのトルク抜けをチェックしながら進めていた過程で LSDを外そうとドライブシャフトの取付ボルトを緩めて見ると、、 過去に何度か外した形跡があるこのボルトは伸びネジ部が完全にダウン、 このボルト強度は10、赤→のフ […]
FIT3がシャキッ!

FIT3がシャキッ!

皆様からの問い合わせが非常に多いFIT3用のパーツがついに発売になりました! GK5 SPOON SUSPENSION SET 今日はその様子をリポートします。 黄色いFIXダンパー、純正のコツコツ感を消し、スポーツ走行では十分な減衰を発生させます、 組み合わせるスタビライザーで適度にロールを抑え高いコーナリングフォースを生み出します。 青いプログレスプリング、スプリングレートはノーマルとほぼ同等 […]
2015年のオートポリス

2015年のオートポリス

8月2日大分オートポリスでスーパー耐久シリーズ第4戦が開催されました。 阿蘇山の傍の雄大なサーキットで5年目にして始めてのドライレースです。 例年は晩秋の山裾の気候で深い霧と雨、九州て寒いいんだ的なイメージでした。 しか~し、これが我がチームの大反省点、レースウイーク中は一度の雨も霧もなく、、 そこには苛烈な熱い九州が、、 酷暑、猛暑の中、木曜から各セッション毎に走行データを収集し 決勝へ向けたマ […]
「チューニングと開発」

「チューニングと開発」

FIT 3 RSのチューニング、走行距離は1万km、LSDを組み付けます、 まずはオイルを抜いて廃油を点検、ミッションASSYを車両から降ろします。 機械式LSDはイニシャルトルクを5kgに調整、利き始めをマイルドな方向に仕上げます。 ミッションケース内の構成は赤矢印のLSD、緑矢印はメインシャフト、 青矢印がカウンターシャフトです。 LSDとミッションケースの勘合隙間はシムでサイドクリアランスを […]
「何度もチェック。」

「何度もチェック。」

アコードEuroR CL7前期型 走行76000km クラッチペダルの重さが気になるオーナー様、クラッチ交換で入庫です。 作業前に試乗、更にリフトアップして各部を聴診するとあちこちから気になる音が、、、 エンジンからはカチャカチャと、タペット音が大きめです、 バルブクリアランスを測定すると規定よりも広くなっています、ササっと調整。 リヤタイヤを回すと手にゴロゴロ感が、僅かですが音も出ています。 リ […]
「ノーマルの凄さ」

「ノーマルの凄さ」

スパー耐久富士8時間レースを終えたS2000のエンジンをチェック、 各部を測定し磨耗量やクリアランスを確認しています。 左側の新品ピストンと、右側のレースを走りきったピストンを比べると、 赤丸部分の当たりが強くなっています。 新品ピストンの青丸部分を拡大、表面には油膜保持の為溝加工が施されています、 溝の深さは10ミクロン、耐極圧性の向上にも貢献しています。 こちらはレース後のピストン、立て傷が入 […]
「ある日のタイプワン」

「ある日のタイプワン」

いま話題のS660、次のテストに向け新商品の検証作業中です。 S660過去のブログ 代車で活躍しているインサイトは定期メンテナンス施し中です、抜いたオイルは仔細にチェックして、 廃油は、色や粘り、沈殿物の状態をチェックして、車の状態を把握します。 ここで一番大事な判断基準がオイルの「匂い」なんですね~(笑) ブレーキパッド残量が少なく、ローターの磨耗も進んでいたので パッド、ローター、タイヤもオー […]
「破損研究会」

「破損研究会」

数年前にOHしたデフASSYが約3万kmを走行して突然ロックしました、 リアタイヤが固着して動かないのでローダーで入庫です。 プロペラシャフトと結合するコンパニオンフランジは内部で固着してビクともしません、、 とここまでは良くあるデフのリングギアのブローと思っていたら、あら~旦那さん大変ですよ物語が、、 抜いたオイルは量も匂いもいたって普通、全然焼けてません、 廃油には赤○多少メタルフレークが沈殿 […]
8時間レース

8時間レース

  24台がエントリーしたST4クラス、今回は95号車と96号車の2台が参戦しました。 耐久レースはタイヤ、ホイルの管理、燃料の補給などハード面以外にもホテルの手配、 移動や食事などチーム全体のいわゆるソフトマネージメントが実は戦力となります。 レースを終始安定した走行で支配しクラス優勝した95号車、 結果は8時間を走り2位と9秒の僅差、 稀に見る展開はレースの神がその存在を示してくれま […]
今年もありがとう、ขอบคุณ

今年もありがとう、ขอบคุณ

今年も微笑みの国タイで行われた、バンコクインターナショナルオートサロンに S2000ロードカーとFIT3レースカーを出展しました。 2012年から出展を続け今年で4年連続、昨年はクーデターの影響で代替イベントとなりましたが 1年ぶりのオートサロンにタイのお客様は大盛り上がりです。 バンコクオートサロンの定番イベント、会場外でのカークラブのミーティング、 今年は「SPOON ファンクラブ」のミーティ […]
「箱根~筑波~袖ヶ浦~群馬」

「箱根~筑波~袖ヶ浦~群馬」

今朝は袖ヶ浦に、写真は東京湾アクアラインを走るS600の後姿です、 可愛いお尻がたまりませんね(笑) 実はこんな一般道での移動こそが大事なテストメニューなんです。 帰路は再び検証したNEWバージョンのリジカラを装着して「ネコ足」のクルマになりました。 午前9時に到着してみるとサーキットの路面は川が出来るほどのwet、、 でも素晴らしい電子制御のお蔭で全然~怖くありません、ほんとうに素晴らしいドライ […]
Sが好き!

Sが好き!

梅雨ですね、でも爽やかなライムグリーン・メタリックの作業で気分は爽快~、 定番リジカラの装着など「洗練」されたリフレッシュ仕様へのご依頼です。 AP1前期を後期にコンバート、作業の内容はサスアーム前後、サブフレームASSYを 全て後期に交換する事でリヤの挙動を安定させる、スポーツ走行にお勧めな鉄板メニューです! アームを新品に交換時は切削面のエッジをR加工して研磨を施します、 赤矢印部の応力集中を […]
「ゴムは劣化する」

「ゴムは劣化する」

足廻りのアーム、ハブ、クラッチ交換、バルブクリアランスの調整で入庫した DC5の前期モデル、走行距離は10万kmでサーキット走行は少しだけ、 作業前に現状のアライメントを測定して記録、いわゆる車体全体を診断というフローです。 先ずバルブクリアランス調整でIGコイルを抜くとエンジンオイルで濡れてました、アチャ~、 ここ通常は乾いているんですけど、何だかな~イヤ~な恋の予感が、、 ヘッドカバーを外して […]
Latest entries
「走りを 製品に」

「走りを 製品に」

FIT3を袖ヶ浦でテスト走行させました、今回の目的はレインコンデションでの操安確認です。 テスト内容は開発中のサスペンション関係の各パーツの組み合わせセッティング、 ダンパー、スプリングレート、スタビ、アライメント、、等々各組み合わせしながら確認して行きます。 深い雨で少しトリッキーに見えるFIT君、でもコントロール性が良質なので、 こんな姿勢でもリアの安定感はバツグン、で、ここで言う良質とはクル […]
SUGO ラウンド

SUGO ラウンド

  スーパー耐久2015年シリーズの第2戦は5月23~24日に開催されました、 風薫る仙台はレースウィークがすべて快晴、気温30度近くでも山並みにはまだ雪が残り 時折吹く風が清々しく素晴らしい天気です。 今回チームはセッティングの効率化を進めるべく2台のS2000を投入、 同じセットで気温、路温、路面μの変化の中で効率的な比較テスト走行を行い貴重なデーター収集が出来ました。 タイヤ […]
「ベアリング交換」

「ベアリング交換」

99年式のS2000をずっと大切に乗っていらっしゃるオーナー様が異音を感じてご来店、 距離は5万キロですが、、、確かに「ジャ~」と大きな音が響いて、、、ただならぬ予感が(汗) 異音は車速(タイヤの回転)と同期しているので、ハブ→ドラシャ→デフ→ぺラシャ、、、 と「聴診」すると、ミッションのセカンダリーギヤ周辺から発生していました。 サーキット走行などの高負荷走行は無く […]
「大人なS2000」

「大人なS2000」

  S2000-AP1型に設定された大人の雰囲気を醸し出すダークカーディナルレッド・パールの「ジオーレ」 そんな特別仕様車をベースにしたRenovation Carを販売致します。 エクステリアは無限製リヤウィング、リヤバンパーにはエアアウトレットを加工しドラッグを軽減、 ワイドタイヤを収められるようフェンダーをフレア加工、ノーマルを思わせる綺麗な仕上がりです。 エンジンは2. […]
「全国各地から」

「全国各地から」

ゴールデンウィークになるとTYPEONEには遠方からのお客様のご来店が多くなります、 年々増える遠方のお客様からの点検、相談、そして作業のご依頼、本当に感謝の気持ちで一杯です。   コチラ、岐阜からお越し頂いたS2000はエンジン、足廻りのリフレッシュが終わりお引渡し、 帰路の高速で優しく慣らし運転、よろしくお願いします。   コチラ浜松ナンバーのCR-Zは、ベンチュリービック […]
「 クルマの真実」

「 クルマの真実」

オリジナルデザインのインテグラDC2、今でも丸目4灯のデザインは北米、カナダ、欧州で大人気です、 永く乗り続けたいオーナー様はクルマ全体を総合的にチェックして欲しいとご来店いただきました。 簡易的にはオイルフィラーキャップ裏側の状態でエンジン内部の状態を予測が出来ますが 今回はヘッドカバーを開けてエンジン内部をチェックしました、カバーの裏はとてもキレイで良い状態です、 これなら大丈夫、バルブクリア […]
今しか創れないS2000

今しか創れないS2000

年間数台しか造ることが出来ない渾身の1台、 そんなS2000Renovation Carを販売致します。 Renovationのコンセプトは「新車を超えた良いクルマ」 量産ラインでは追い込めない製作時間の縛りを取り去り、最もSらしい軽量ボディシェルのAP1-100系をベースに あらゆる基本コンポーネントを新品部品に交換、ノーマルの弱点はSPOONのパーツで補い最良のクルマを創りました。 フロントバ […]
「パーツを活かす」

「パーツを活かす」

本日は、シビックTYPE-R EURO FN2型、シャシーにはリジカラなど装着で満足しているオーナー様、 もう少しパワーが欲しいと言う事でBigスロットルのお取り付けとなりました。 Bigスロットルは入り口の径がノーマル62mmに対して70mmに、バタフライは61mmから65mmにそれぞれ大径化、 勿論ボルトONの装着で効果はありますが、TYPEONEでは組み付け方にもこんな小技を施しています。 […]
15年シーズン開幕

15年シーズン開幕

3月29日、東京では桜が一気に開花した暖かい日曜日、栃木県ツインリンクもてぎで スーパー耐久シリーズ2015年 もてぎスーパー耐久 5時間耐久レースが開催されました。 今年はS2000でカラーリングも一新、80年代のSPOONカラーに変更、 ドライバーは昨年同様、松井選手、中島選手、そして台湾から参戦のYen選手です。 予選前のキャブレーション走行で突如エンジンブロー、チームメカは急遽スペアに載せ […]
「ブレーキー!」

「ブレーキー!」

車の基本的な動きは、走る、曲がる、止まる、の3要素と良く表現されます。 その中でも私達が最も優先するクルマの要素は自然なブレーキフィール、それが「止まる」「止める」のパート、 さて今回は、TYPEONEのブレーキ系作業を紹介しますね。 サンセットオレンジのFIT3-RS、こちらのオーナー様 「サーキットは走らないからキャリパーはノーマルで良いかな?でもしっかりしたペダルフィールは欲しい。」 と言う […]
「距離だけじゃ~ない」

「距離だけじゃ~ない」

こちらのシビックTYPE-Rは走行10万キロ、 半年前に中古でご購入されて、こらからサーキット走行を考えているオーナー様で、 スポーツ走行には必須のバッフルオイルパンの取り付け及びクラッチ交換のご依頼頂きました。 遠方よりのご来店ありがとうございます。 BAFFLE OIL PAN 取り外したオイルパンの底部にはスラッジなし、これならエンジンは問題はありませんね、 抜いたオイルはキレイでも中にはオ […]
「なんか違和感が、、」

「なんか違和感が、、」

プレミアムカラーが美しいプラチナホワイトパールのAP2、走行距離は6万キロ、ず~っとSに乗り続けたいオーナー様、 何だかクラッチペダルのフィーリングに違和感が、とご来店頂きました。 早速クラッチのチェック、確かにペダル1ストロークで2箇所の引っ掛かりを感じ、踏力も重め、レリーズの異音は要修理、 フライホイル、クラッチディスク、クラッチカバー、レリーズベアリングの交換で作業開始です。 同時にオイルフ […]