「オイルパンの交換」

「オイルパンの交換」

都下より入庫した走行3万kmのFD2シビックは最後のシビックTYPE-Rと言われ、当時は最速でした。 でも次の新機種シビックはもっと速くて洗練されているみたい、、噂では過給されて、、 赤→がオイルポンプを駆動しているチェーン、これが高回転だとオイルを攪拌して発泡させてしまいます。 青→がオイルの吸い口、広いオイルパンの中央にレイアウトされていますが横Gでオイルが片寄ると 空気を […]
「HondaのCUBISM]

「HondaのCUBISM]

車両価格 55 万円  登録諸費用(自動車税・自賠責保険・重量税、リサイクル)別途 平成12年式  ZE1-100  走行13万2千km   車検 平成27年11月 シルバーストーンメタリック  禁煙、スペアキー、ETC、フロントに軽微な修理あり。 交換した主要な部分     ↓ ●中古良品エンジン、ミッション、IMAバッテリー。 〇交換した新品部品 &nb […]
「富士7時間耐久に向けて」

「富士7時間耐久に向けて」

これまで20台以上は製作したS2000耐久レーシングカー、 今日はたぶん最後の1台になる新車のシェークダウンテストです。 そういえば2001年にはニュル24時間に参戦してクラス優勝もしました~。 もう10年以上前の事ですね。  DrはMr、SPOONと黒澤琢弥のヤングコンビ、市嶋は奇跡の復活ドライブです。   隣では松井選手のドライブでフィットも3連勝に向けてエンジンの回転と燃 […]
「メールが来た~」

「メールが来た~」

  作業後に客さまからメールが、、 コピペでupさせて頂きました~。       ↓ 先日、クラッチの交換をしていただき、その後100キロ程走行してみました。 エンジンのフィーリングがスムーズになり、たいへん満足です。 駆動系からの騒音はクラッチが原因だったようです。 リジカラの効果もすぐにわかりました。 操縦性が向上しました。 地面の接地感もすごく良くなりました。 今回もタイ […]
「タイプワンなう」

「タイプワンなう」

入庫したS2000は国内最終モデルのTYPEーS、 走行距離は3万5千kmで購入されたオーナー様のオーダーで 駄目だし走行チェックして不良部分を診断、そこをリビルトしたレポートです。 走行は10分程度、距離数キロでクルマの状況は判断が可能です。 2階に上げて作業に着手、 主な作業はクラッチ交換、それにはミッションを降ろすので サブフレームを途中まで降ろしてエンジンを傾けます。 スロットルには赤&r […]
「S2000 Renovation Carを販売します」

「S2000 Renovation Carを販売します」

車両価格   ¥285万円  登録諸費用(自動車税・自賠責保険・重量税)別途 平成13年式  AP1-120  走行154,000km  車検 平成27年10月 ニューフォーミュラレッド ワンオーナー、無事故、禁煙車です。 走行距離は15万kmですが前オーナー様が一昨年、タイプワンにてエンジンをはじめ、ミッション、デフ、 プロペラシャフト、ドライブシャフトなどの駆動系もリフレッシュ済みで […]
NSX  製作に着手です。

NSX 製作に着手です。

モデルイヤーは1991年 NA1-1004〇〇〇 右ハンドルのマニュアルバージョン、 このクルマは高根沢工場製の純オリジナルです、現在白無垢ではありませんがあなた色に染まります。 最近NSXの純正部品が少なくなりました、ものすごいスピードで在庫が減り、 どんどん製造中止になっているんですね。 EG系やEK、DCも80年~90年代の純正部品はコレクターアイテムになりそう、 これからブッシュなど必需部 […]
Latest entries
富士テスト

富士テスト

S耐第3戦に向けFit3とインタープロトを富士スピードウェイでテスト走行させました。 インタープロトは篠浦選手がドライビング! 純レーシングカーの強烈なGと フロントガラス越しから見える景色が異次元で悶絶したそうです(笑) 篠浦選手は荒さんから個人レクチャーを受けて直ぐにレーシングスピードに慣れて 富士のスポーツ走行を楽しんだみたいです。 そんな中、FIT3のテストはAドライバーの松井選手が中心に […]
「FN2はランペット」

「FN2はランペット」

手前は製作中のレースカー、その奥に今回ご依頼で入庫したFN2型シビックが このブログの主人公です。 漆黒のユーロRシビック、いわゆる欧州スペックなスポーツシビック、 搭載されるK20エンジンは形式は同じでもFD2などTYPE-Rエンジンとは細部の仕様が違います。 これら違いは排ガス、騒音などEU圏での規制の違いが要因ですね。        […]
「初期型インサイト販売します」

「初期型インサイト販売します」

車両価格    SOLD 万円   登録諸費用(自動車税・自賠責保険・重量税)別途 平成12年式 ZE1-100 走行23万5千km 車検 平成27年10月 ニューフォーミュラレッド 無事故、禁煙、スペアキー、ETC、ノーマルエアバッグ、ステアリング付き 交換した主要部品     ↓ 新品IMAバッテリーASSY、IGコイル、プラグ、エンジンマウント、ワイパー前後、ドア水切りモ […]
「ハーフシャフト」

「ハーフシャフト」

名古屋からご来店のアコードCL7、走行は約10万km、 どうも「ゴロゴロ」音が速度に関係なく聞こえて来る~的な訴えでした、 それでは作業前にスタッフが試乗してみましょう。 10分くらい近所を試乗、この音(振動)ですよね~、そうなんですW、では「だいたい」は判りました~、 ずばりハーフシャフトが怪しいデス。 リフトUPして2階で点検開始です。 今回はトランスミッションは降ろさないので赤→の […]
「AP2-S2000」

「AP2-S2000」

 入庫した10万kmのAP-2、つまり2,2lエンジンを搭載したモデル、では試乗してクルマの現状を確認しましょう、 走行する速度は30km程、これ大事なポイント、 実は「ゆっくり」と走らせる事でクルマの状態がより際立ち、良く判るんですね。 リフトUPしたら各部をチェックしながらTMを降ろします。 リヤのドライブシャフトとハブが固着して車体から取り出せません(涙) しょうがないのでナックル […]
「marvellous ②」

marvellous ②

インサイトにK20をスワップは北米ではポピューラーなチューニングなので マ、出来るじゃない~でスタートしましたが、、実は途中で何度も心が折れそうに。 最初にアメリカから送られた専用のエンジンマウントは積めたけど、、 最後にABSやエアコンのスペースが取れず結果は「駄目じゃん」だったり、 その後もアレコレ、でも出来たので安心しました ♡ インサイトに現合でK20用のマフラーを製作している途中です、 […]
「marvellous」

「marvellous」

今回は初期型のインサイトZE-1型に搭載されている3気筒の量産エンジンと5速マニュアルミッションを取り去り、 インテDC5型のK20型と6速マニュアルミッションを搭載する、そんな禁断のレポです。 奥のリフトではFit3、新型RSにやはりK20型エンジンをスワップ作業していますね。 Fit3 過去ブログ    ↓ http://www.typeone.jp/?p=956 […]
「10年でお初なメンテのレポ」

「10年でお初なメンテのレポ」

右からメンテ開始したS2000、九州からのご来訪、ホ~、 その隣は17日からの富士テストに向け準備しているFit3S耐仕様のレーシングカー、 奥はK20を搭載している初期型インサイトでブレーキ、マフラーの装着が既に終わり近々にNoを取得するだよ、 このエンジンスワップとリビルトレポは近々長編でブログUPの予定です。 S2000のエンジン、ミッションを降ろすには先ず赤〇程度だけクリアランスで サブフ […]
「SPARK PLUGS」

「SPARK PLUGS」

不動になって2ヶ月経、ご自宅からローダーで搬送されたS2000が修理依頼で入庫しました。 走行距離は11万km、う~ん、エンジンチェックが点灯していますな~。 HDSで診断してみると、、 診断画面を読むと「ミスファイヤー」が発生しているよ~て言ってまんがな、、 ダイレクトIGコイルを取り外して絶句、なまら~深海魚にでも噛まれたような悲惨な状態に、、 一同声が出ません、ママ怖いよ~。 Igコイルのプ […]
「SUGO、優勝!!」

「SUGO、優勝!!」

スタート前のコース上で急遽チームスタッフが真剣にブリーフィング、 内容は次の富士に向けた「正確なデーター」収集についての インアウトラップ、Pitストップ、各作業時間をファイナルラップから逆算するための 専用のタイムボード運用について、最終打ち合わせと手順確認でした。 舵角が少なく言わばFFの理想のコーナリングフォーム、キレイだな~。 Pit作業はスピードより安全で確実な作業を優先させています、 […]
「距離じゃない」

「距離じゃない」

これまでオーバーホールなしで36万kmを走行したトランスミッションの点検レポをご報告します。 ミッションケースを開けると内部は実にキレイ、 「距離じゃない~」て唄が聞こえてきそうな状態でした。 赤→がセカンダリーシャフトのベアリングでローラー面には多数の傷が発生していました、 がしかし、作動はスムーズ、焼き付きや障害はありませんでした。 ベアリングはデフなどにも使われるテーパーローラー形 […]
「Wao,顎ブル,36万k超え」

「Wao,顎ブル,36万k超え」

  マフラーの出口は湿った粘性のあるカーボンが付着していました。 エンジンの状態を判断するポイントのオイル消費はマフラーの出口でおおよその予想が出来ます。 中古車を購入する時は掃除が出来ない出口奥をライトで照らして点検が必要ですよ。 このクルマのオイル消費量は2000kmで約500cc程度、おおむねOH時期です。 作業の着手前に試乗を行いオーナー様と打ち合わせ、 見積もり書を作成しながら […]